【コンセプトが分からない方必見】強みを生かしたコンセプトを作れ!

こんにちは、ユキオです。
今日はコンセプトについてお話ししていこうと思う。

  • コンセプトを作らないといけない…
  • 商品売ってるけど、全然売れない…
  • そもそも、コンセプトって何だよ…

おいおい、まずは落ち着こう。
今回は、そんな君たちに向けて記事を書くことにした。

コンセプトづくりにおいて重要なのは二つ

  • 悩みや苦しみを解決できるスキルや知識がある
  • 商品やサービスに対する強い思いがある

たったこれだけ。
じゃあ早速記事に移ろう。

コンセプトとは、「ビジネスの背骨」

そもそもコンセプトってなに?

あなたは、コンセプトと聞いて何が真っ先に浮かびますか??
コンセプトは日本語で「概念」という単語になります。

つまり、コンセプトは、企画の魂(理念や観念)ということになります。

概念がなければ、魂の入っていない抜け殻
骨組みのない家です…

これってかなりヤバイです…

コンセプトがない企画ってどうなるの?

コンセプトがなく走るとどうなるか。
どれか一個でも当てはまったら、危険な状況です。

  • 儲かると聞いて、あるビジネスを始めてみた。
  • 友人と一緒にビジネスを始めてみたけど、何をするかわからない
  • 強みが分からないままビジネスを始めてみた。
  • 企画は作ったが、周りと言っていることが変わらない

こんな感じの企画であれば、要注意です…

なぜなら、どこにもあなたの想いがないから

コンセプトの事例をいくつか紹介します。

1.パタゴニア

https://www.patagonia.jp/company-info.html

企業理念はアルピニズムと謳っているパタゴニア
それと同時に、環境保全のためにビジネスをしています。
アルピニズムとは
狩猟や信仰目的ではない、山に登ることそのものを目的とする遊びやスポーツとしての登山。

2.スターバックス

http://www.starbucks.co.jp/company/mission.html

企業理念は、
「人々の心を豊かで活力あるものにするために、
ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」

理念と提供されるサービスに違和感はないですよね。

内装はすべてウッド調で統一され、店に入ればコーヒーの香り
そして、注文の際には名前を書いてくれる

徹底的な気遣いがあるからこそ、あの価格で
常に繁盛している状態を作っているのではないかと思います。

3.Amazon

https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=4967767051

企業概要では、ミッションとして
「地球上で最もお客様を大切にする企業を目指しています」
と記載がありました。

実際に、これも受けてるサービスと理念で違和感ないですよね。
違和感がないからこそ、すんなり受け入れてもらえ
土台がしっかりしたビジネスに発展できたのではないでしょうか?

4.パイロット

http://www.pilot.co.jp/company/philosophy/

「三者鼎立」、「憂喜和精神」、「難関突破」、「一日一進」、「至誠真剣」
の5つの行動基準を社是として掲げております。

最後にパイロットを持ってきたのも
現在パイロットは世界2位の文具メーカーとして名を馳せ
とても大きな企業になっているのです。(あまり知られていませんが…)

さらに大正から続く長期間の経営を見ても
間違いなく、強い魂を持った企業と言えます。

絶対に曲げない「強い想い」あります?

そもそも、想いってなに?

想いとは、「心の中でイメージしたもの」になります。
つまり、強い想いというのは内側から湧き出てくる

「問題意識」だったり「使命感」に近いもの。

強い想いを探すためには?

そもそも強い想いを探す為には
自分の行動理由の根源を知らないと話にならない。

なので、まずは自分を知っていきましょう。

STEP1:日常行なっている行動の書き出し

昨日1日取った行動を一覧にしてまずは書き出す!
小さな行動からどんどん書いていきましょう。

例えば、「チョ◯ボールをコンビニで買った」とかでも良いです。笑

とにかく、些細な行動結果も含め全部書きます。
これが終わったら次のステップ↓

STEP2:行動の理由を探す。

一覧で書き出した行動について
なんでそう思ったのか?行動理由や判断理由を書きましょう。

こうすることによって、
行動の基準が浮き彫りになります。☝️

ただここで出ていきているのは、表面的な基準
深掘りをしてさらに根源的欲求を見つけましょう。

STEP3:理由の深堀りを行う。

理由が具体的であれば、抽象的な理由に変換しよう
変換する理由は基本的に仕事関連の行動理由でOK

↓分類はこの3つでやってみるといい↓

  • お金の為
  • 楽しみや娯楽の為
  • 苦しみから逃れる為

この分類を行うことによって
「なぜ?」という部分がよくわかります。

抽象的にすることで、
これまでモヤモヤしていた部分が見えて来ます。

根源的な欲求が見つかれば、自分の打ち出し方も
ある程度決まってくると思います。

根源的欲求から見た、強い想いの打ち出し方

お金系

お金系の方は、

  • サラリーマンでも辞めるつもりがそんなにない方
  • フリーランスなら多才な方
  • 経営者なら代表の方や役員の方

になると思います。

「儲ける為の仕組み」

を打ち出していける方になります。

娯楽・楽しみ系

娯楽・楽しみ系の方は、

  • 誰かと一緒に何かをする事を苦にしない方
  • 1人で熱中してしまう方
  • コミュニケーションが得意な方

だと思います。

上記に当てはまる方は、人と一緒企画をたてましょう。

なので、
「自分を全面に出す」

方向で打ち出して行きましょう。

苦しみから逃がれる系

苦しみから逃げたい方は

  • 人よりも感覚が優れている方
  • 周りとの違和感が強い方
  • 自分だけの世界観がある方

だったりすると思います。

この方達は、とにかく
「自分なりの感性をわかりやすく伝える」
方向で、打ち出して行きましょう。

強い想い×独自の強みでコンセプトを完成させよう。

独自の強みを見つける方法に関しては、
こちらの記事で書いてますのでご参考にしてくださいね👇
【強みが分からない人必見!】必ず強みを見つけてゴールまで作る方法について

そしたら、強みと想いを掛け合わせ
打ち出し方でアレンジトッピングするんですが、

と言ってもよくわからないですよね…

コンセプトづくりはむしろここからなんです、
コンセプトは企画を作る前提ですよね?

ということは、ここで一旦ゴールから逆算しなければいけません。

お客さんの望んでいる「悩み」と照らし合わせて
ビジネスの整合性を考えなければいけません。

結局どんなに強いコンセプトでも、
求める人が居なければ意味がないんです。

求められているかの確認も見てみましょう。

「誰の何の悩み」を解決できますか?

世の中には、多くの不満と悩みで溢れかえってます。
おそらくあなたが思っている以上に多いですよ

そんな不平不満をいかに満足させられるか
ビジネスには求められます。

ビジネスは需要と供給で成り立っているわけで
与えた対価として、お金を頂いているわけです。

要らないと言っている方からはお金取れませんよね。笑

「あなたのお客様は何を望んでいますか?」

ペルソナについても以前に書いているので
こちらを参考に👇
【ペルソナ戦略】お客様を理解するのが一番大切

マーケティングではペルソナというが想いも無ければいけない

よくある話ですが、

  • ペルソナは大事という話
  • ペルソナに向けすぎて思いが薄れてしまうという話

この二つがあるんです。

つまりいい按配でコンセプトを作らなければ
偏りが出てしまうってことですね…

「どっちかではなく、どっちも」
もちろんここはコンセプトにもよると思うので
一概にどっちに寄せるとか言えないのですが、

片方だけじゃ足りないことを忘れずに。

やろうとしていることを一言で表すと?

ここまで読んで頂いた方は、是非今やろうとしていることを
上記すべてを踏まえ、ワンセンテンスで表現して見てください。

ワンセンテンスに全てを注ぎ込め

どんなに長くても大丈夫です。
最初は荒削りでいいので、どんどん書いて見てください。

まとめてみると伝えたい事が見えてくるはず
ここまでくれば、コンセプトから企画に落とし込んでも
問題ないです。

最高にダサくて、最高に愛情がこもった
今の自分が出せる最高のワンセンテンスを紡ぎ出してくださいね。

コンセプトは変えちゃいけない?

  • コンセプトは永遠に変えちゃいけないの?
  • 発信をして見たら自分が思ってたものと違った
  • お客さんと自分のイメージが異なった

こんなことは頻繁に起こります。
なので答えは、「コンセプトを変えても大丈夫」です。

どれが正解かは、結局やってみて、検証する事でしか分かりません。
納得するまでとことん突き詰めましょう。

まとめ

今回のポイントは、たくさんありますが

端的に話すと、
「コンセプトは、見てもらっている人でチューニングをする」

たまに、
☑︎相手なんて関係ないとか
☑︎自分が思ったものを作れ

と言う人が居ますが、

そう言っている人の言葉は鵜呑みにしないでくださいね。笑

天才なんで、基本的にあなたの考えている・教えてもらっている事の
いつもワンランク上を見て話してますから…

コンセプトづくりは、非常に重要なので
このぐらいじゃ、書ききれないぐらいですが
今日は、このぐらいにしておきます。笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓↓こちらもどうぞよろしくお願い致します。↓↓

【公式LINE@】
普段ブログでは書けないような内容や
登録してくれている人だけに公開している情報を
ドシドシ、発信していく予定です。

また、そのほかに

  • 無料相談30分
    を受付てます!