【強みが分からない人必見!】必ず強みを見つけてゴールまで作る方法について

こんにちは、ユキオです。
今日も読んでいただきありがとうございます。

今日は、強みについてお話しして行こうと思います。

「あなたの強みはなんですか?」
就活以来考えてないなとか思ってませんか?笑

強みっていうと、なんだかんんだ周りの人と比べますよね。
「俺これが強みだけど、あいつと比べると微妙だなー…」

でも実際の強みってそんな比べる事じゃないんです。
あなたの中で比べるものなんです。

そんな強みについてちょっとお話ししていこうと思います。

そもそも強みとは?

冒頭でも話しましたが、そもそも強みっていうのは
自分の中で比べるものであって、他人と比べるものではないんです。

なんで他人と比べないかというと
他人と比べてたらキリがないですよね。

てことで、「強み」という言葉について
少し掘り下げてみました。
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

初心者の頃の強みとは

【前提】
初心者は基本的に自分の中の強みを分析するので精一杯
スキルも経験も知識も上級者から比べたら全くの皆無。

【分析法】
前提条件がまだまだない為、
内部を比較検討し強みを抽出する。

中級者の頃の強みとは

【前提】
初心者よりも知識や経験がついたがまだ上級者になりきれない
いまいち壁を乗り越えられない状況

【分析法】
上級者になるために、個人の差別化を行う
競合する人の中から自分が頭一つ抜き出るための差別化ポイントを探る

上級者の頃の強み

【前提】
差別化ポイントやブランディングがしっかりと行われている
発信力もあり、しっかりと影響力もついている状態

【分析法】
これまでの経験や人脈、自分なりの成功法則を抽出
ある意味初心者の頃出した強みの出し方と似ている部分がある。


上記を確認していただけたら、
現状自分がどこに当てはまるかなんとなく確認できると思います。

上の記述を見て自分の強みの分析方法を
確認してくださいね。

それでは次は、実際に強みを見つけるための方法を
お伝えしていきますね!

なんかキャラクターを入れたい

強みを見つけるための方法

実は、強みを見つけるフレームワークは既にあるんです。

これがSWOT分析というもので、
よくビジネス分野で使われている自社の自己分析的な用途で
使われているんです。

SWOT分析ってなんなの?

SWOTは、ある頭文字をとって出来ていて、

  • Strength(強み) = 内部環境×ポジティブ要素
  • Weakness(弱み) = 内部環境×ネガティブ要素
  • Opportunity(チャンスとなる外的要因または機会) = 外部環境×ポジティブ要素
  • Threat(脅威) = 外部環境×ネガティブ要素

上記の項目になるから『SWOT分析』と言われているんです。
簡単だし覚えやすいですよね〜!^^

SWOT分析で自分の内外で要素分析をしてみよう!

じゃあ早速、マトリックス図を使って自分の強みや弱みについて
要素分析をしてみよう!

このSWOT分析による強みは
内在するあなたにとってポジティブな要素ですよね。

これに従ってどんどん回答していきましょう。
一応、僕の例を簡単に紹介しておくとこんな感じでした!

参考にはなりましたか?
就活の時に自己PRを書く時に使った人も居るんじゃないかな?

ここまで書けたら次は、、、、

強みを生かす戦略を考えよう!

強みを生かす戦略を生み出す「クロスSWOT分析」

その全貌をこれから説明していこうと思います!

そもそもクロスSWOT分析ってなに?

これまで話してきたSWOT分析では、
実用的な戦略は全く出ないです。

実際のところ、戦略を導き出すのが
「クロスSWOT分析」になります。

戦略の出し方は簡単で
強みと弱みを機会や脅威と掛け合わせるだけです。

これは、上で示した図とほとんど変わりませんが
多項目を使ってマトリックス図を作るので、
こんな風に思っている方もいると思います。

「とんでもない量の戦略を閃いてしまうんじゃないか…」

そう、その通りです。笑

また、マトリックス図は
色々な掛け合わせをする事が出来るので、

非常に便利なのでSWOT分析以外にもぜひ使ってみてくださいね!

具体的な戦略を出してみよう!

それじゃ、早速書き出してみましょう!

ちなみに、
強み×機会は積極的戦略
既にGOサインが出ている戦略

強み×脅威は差別化戦略と書いてある通り
脅威を避けて取る戦略になり、
差別化が出来ていればこれも良い戦略になります。

後の二つに関しては、撤退または段階的とあるので
とりあえずは、手を出しさない方が無難と言える戦略になります。

いかがだったでしょうか?

戦略をたくさん出す事が出来ましたか?

戦略を出しきったところで、次のターンに行きましょう!

まだまだ疲れるのは早いですからね!

外的関係からみたあなたの戦略は?

外的環境から見る方法もフレームワークが決まっています。

環境から自分の戦略を見るのであれば

3C分析(内部環境分析)と
5FORCE分析(外部環境分析)

という分析方法が一番だと思います。

「三方よし」という近江商人の言葉にもあるように
自分よがりにならず、周りを見てから商売をする

  • 売り手良し
  • 買い手良し
  • 世間良し

これがビジネスにおける鉄則。

それでは、それぞれのフレームワークを見ていきましょう!

3C分析とは?(内部環境分析)

これも3つの頭文字をとっているんです。

  • Customer(顧客・市場)
  • Competitor(競合)
  • Company(自社・個人)

ある意味3方よしをそのまま英語にしただけですが、
シンプルが故に強力なフレームワークだと思います。

【参考の質問例として】

  • 競合はどんな人・物なのか?
    • 自社と競合の関係は?差別化できているのか?
    • 競合と顧客の関係は?自社の目指す関係性とは何が違う?
  • 顧客としているターゲットは誰なのか?
    • 自社と顧客の関係性は?
    • 自社で出す戦略は顧客へどんな影響を与えるだろう?

最終的に、
3つの円が全て重なった真ん中に自分の戦略があるか?
これが一番大事。

あなたの戦略は、3C全て満たせただろうか?

以上で3C分析の説明は終わりになります。

しっかり理解していただけましたかね?
ちょっとお腹いっぱいかもしれませんが、

5FORCE分析に移っていきますよー!

ザックリと、5FORCES分析とは?(外部環境分析)

本当にザックリと説明します^^

5FORCES分析では、主に5つの力を使って
業界全体のお金の流れをざっくり見る事ができるが

これを説明すると、あまりにも長くなってしまうので
勉強したい人は、下記のURLを参考にして頂けると幸いです。

https://www.missiondrivenbrand.jp/entry/kaitai_fiveforce

ここでも、簡単に図と説明をしておく。

↑ざっくり5つの掛かってくるチカラをかくとこんな感じ。↑

ざっくりし過ぎて適当かよって思われますが、割と本気です。笑

さらにざっくりと大枠を説明していきます。

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

この赤枠で囲った部分が売上に直結するんです。

何故かって?
利益って、「売上ー仕入=利益」ですよね?
そうゆう事です。^^

※補足資料
売り手の交渉力→仕入先とあなたのパワーバランスですね
買い手の交渉力→お客さんとあなたのパワーバランスですね

そしてそして、縦の青枠で囲った部分

ここが、あなたの利益のパイにおけるシェアを決めます。
はい、ここめちゃくちゃ重要です。

もちろん誰も入ってこないで、商品も選べなければ
業界の利益はあなただけの物になります。

でも、そうはいきません。

だからしっかりと調査をするわけです。

※補足資料
新規参入の脅威→業界で同じ土俵に立つために必要なお金とか時間
代替品の脅威→あなたの商品と似たような商品があるかないか

調査調査言ってるけど、結局のところ…

やってみないと何にもわからないんです。
まあこれをいうと割と批判ばっかりくると思いますが、
実際のところそうなんですよね…笑

自分で何かを立ち上げるってことは、
暗闇の中を手探り状態なんです。

暗闇の中で一つでも掴めれば儲けもん
そこから、どんどん引っ張って成功を手にする。

けど、少しは周りが見えてた方がいいよね?

という事で、こう言った調査があるんですね。
なるべく失敗しないように足元を
コツコツと杖で叩くわけですよ…一生懸命にね。

調査はあくまで調査。

この感覚は非常に大切です。
忘れずに胸のポケットにそっとしまっておいて下さい。

これからは自分の強みを見つけている人が勝つ

ここまで色々と書きましたが、結局これからの時代は
「個」の時代になります。

個々がしっかりと実力をつけて貢献しなければ
むしろ淘汰されていってしまうんじゃないでしょうか?

インターネットの普及で情報の共有は
凄まじい速さで行なわれるようになり、

5G通信の普及で、その流れはさらに加速すると思います。
だからこそ、人間にしかない「個」をさらに強く、たくましく
伸ばしていくことが、僕の使命とも思っています。

あなたのスキルをどんどん伸ばして
成功を勝ち取って行っていただければと思います。

まとめ

今回も長々と書いてしまったが、
結局言いたかったことは一つ。

誰にでも強みはある!生まれてきた理由も絶対ある!

たったこれだけ。笑

まあ分析とか解析とか言って色々書きましたけど
あんなのは結局、能書きです。

行動しなきゃ何も始まりません。
どんどん行動して行動して
たくさん失敗も経験しましょう。

けど、忘れちゃいけないのが、「行動」です。
行動しなければ失敗も成功も成し得る事はない。

↑断言できます^^

あ、ちなみに今回書いた内容の他にも
まだまだ伝えたい事はめちゃくちゃあるのですが
最近読んだ本で、すごく僕の考えに近い方の本をご紹介します。

この本の何が凄いかって、しっかりとフレームワークに従って
考えやビジネスモデルを構築しているってところ。
本当に勉強にもなるので、是非ご一読してみてはいかがですか?👇

こちらの本に関しての書評はまた後日、書きたいと思います。^^

それでは、本日は以上になります。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

↓↓こちらもどうぞよろしくお願い致します。↓↓

【公式LINE@】
普段ブログでは書けないような内容や
登録してくれている人だけに公開している情報を
ドシドシ、発信していく予定です。

まだ友達1人しかいません。笑
みんなもっと友達になってほしい!!

また、そのほかに

  • 無料相談30分(先行限定特典)
    を特別受付中です!