【ペルソナ戦略】お客様を理解するのが一番大切

こんにちは、ビジネスプロデューサーのユキオです。

みなさん、情報発信はしていますか??
実際にやってはいるものの、

  • どんな人が読んでいるのか
  • 記事がちゃんと響いているのか
  • 記事で何が解決されたのか

わかって書いていますか??

実際に書いているとどうしても
難しい言葉を使ったり、自分よがりな記事になりがち…

実際に今回はみなさんが陥りがちな

ペルソナ戦略

をサクッと解決するための手段をまとめました!
ぜひ、ご覧ください!

ペルソナって何?

そもそも、ペルソナってなんなのかというと
これそのまま調べると「仮面」とかっていう意味になるんです。

マーケティング用語としてのペルソナは
「架空の特定顧客」という意味で使っていきます。

例えば、20代男性をターゲットとすると
20歳の大学生もいれば、29歳の商社マンまで
幅広く居ますよね。

なので、これはペルソナとは言いません。

ペルソナというのは、

22歳
大学4年生
年収90万円
彼女持ち
毎月デートで4万円使っている
大学の近くで一人暮らし
京都在住

といった感じに、細かく条件を付けたものが
ペルソナになります。

ペルソナに似た人が周りにいたら
もっと想像しやすいですよね。

では、このペルソナを設定することで
どうマーケティングに活きてくるのか
ちょっとずつみてみましょう。

あなたの記事は誰の「悩み・問題」を解決できている?

誰が価値を感じてくれるのか?

もし、あなたが本気でビジネスをするのであれば

  1. サービスの価値を決定
  2. サービスの提供先を決定

しなければ、行けませんよね。

価値も決まってないものを
通りすがりのおばさんに押し付けても
お金は出してくれません…

つまり、あなたの価値は
「特定の誰か」に向けて作らなければ
決定されないのです。

価格が決まった時点であなたの
ターゲット(お客さん)はすでに決まっているんです。

だからこそ、マーケティングが上手くいくのです。

マーケティングで八方美人は危険!?

誰にでも、好かれよう!一般的に受け入れてもらおう!
これは、間違いです。

ターゲットを広くしてしまうと
発信するための情報も広く浅くなり
結局のところ、誰も見てくれません。

それよりも、インターネットでは
一人の人に向けたメッセージの方が
より具体的に、深い内容を届けることができるのです。

「特定」すると行動まで浮き彫りにできる

先ほど挙げたペルソナを「A君」としましょう。
このA君は、年収90万円 毎月7.5万円の手取りがあります。

しかし、デートで毎月彼女に4万円使っているので
残りは3.5万円です。

さあ、携帯代を払って、光熱費を払って、、、

こんな風に考えると、お金のリアルな使い道が見えてきますよね。

次にA君が何にお金を使うのか
何でお金を節約していそうなのか

ちょっとA君はお金無さ過ぎでしたが、、、笑

これは 、あくまであなたの妄想です。
それでもいいんです。

行動予測こそマーケティングの基本

例えば、A君は経済学部に行ってて
少額投資に興味があるとしたら、、、

「NISAとか作ってみるのもいいんじゃない?」
となるわけです。

つまりペルソナを考えるということは、
価値を感じてくれそうな人を探すということなんです。

ハーゲンダッツを買う人はガリガリ君を好んでは食べませんし、

ガリガリ君を食べる人はハーゲンダッツを好んで食べませんよね。

悩みや問題を解決するための発信とは?

とにかくペルソナをたくさん考えてみる

ビジネスにおいて、ペルソナを決めることは
非常に大切で、ペルソナ設定で結果が大きく変わる事さえあります。

考えるにあたっては、一人ではなく
50人でも100人でも考えてもらって大丈夫です。

実際に考えるのであれば、手を使ってどんどん
書いていくことをお勧めします。

いいアイディアはすぐに思いついて、
すぐに消えていきます。

なんと勿体無いことでしょうか、、、
もし考えるのであれば、ちゃんと紙とペンを用意しましょう。

頭の中だけで考えているのは勿体無いです。

余力があれば、価値が与える未来まで考えよう!

そして、考えてもらったら
そこで「価値がもたらす未来」も一緒に考えて欲しいんです。

まあ、実際買う人っていうのは「価値」を買うんじゃなくって

買った後どうなりたいのかっていう「未来」を買ってるんです。

どうですか?あなたも心当たりありませんか?

Apple信者の方なら理解していただけると思うのですが
別にApple製品の「性能」だけを目当てに
買ってるわけじゃないです。

買った後に待ってる

  • Appleに囲まれて幸せな気分になる
  • 高級感のあるMacやiPhoneを眺められる
  • Apple使ってる…スタバでドヤってる…

っていう未来を買ってるんです。

はいはい、かく言う僕もただのApple信者です。

話は飛びましたが、
あなたも自分が提供する価値が与える「未来」
についてちょっと考えてみてください。

自分のやろうとしているサービスが
どんな未来をもたらすのか。

与えた相手が満足して喜んでいる。
そんな姿が想像出来ただけでもワクワクしますよね!

まとめ

やりたいことで起業するのであれば、
必ずあなたが提供できる価値を考え、ペルソナを考えることが重要です。

そして、その価値がどんな未来を与えるのか
ここまでを考えてみましょう。

もちろん、与えた後の未来から逆算してみてもいいですが!笑

ぜひチャレンジしてみてください!^^

↓↓こちらもどうぞよろしくお願い致します。↓↓

【公式LINE@】

  • 無料相談30分(先行限定特典)
  • 集客で気をつけるべき3つのルール
    を無料プレゼント中です!
  • お前は誰だと気になってる人
  • これから独立を考えている人
  • 情報発信の軸が決まってない人

は必ず無料相談を受けた方がいいです。(確信)

普通に話してもらえれば、
僕も全然緊張しないので
みなさんの登録お待ちしております!