誰でも手に入る!?圧倒的行動量を出す為の〇〇

こんにちは、ビジネスプロデューサーのユキオです。

今日は、

見えているもの見ているもの

について、書いてみようと思います。

自分勝手な脳

知っているかとは思いますが、
脳みそっていうのは、ものすごく
自分勝手に作られているんです。

よくテレビ番組でも取り上げられているような
簡単な例で、言うと

例えば、
あなたが、最近靴屋に入ってものすごく気になった靴
があったとします。

すると、
「あの靴、安く手に入らないかなぁ」

とか
「あの靴やっぱり買いたいなぁでも前置いてたところなかったしどっか他の所いけないかなぁ」

と、、、、
つい意識していないのに、思ってしまったりしますよね。

不思議なことに、考え始めると
普段は気にならなかったような「靴屋」だったり
人が履いている「靴」が気になったりと、、、

こんな感じで
脳は全てを一旦みると同時に
「欲しい情報」を取捨選択している。

つまり何も目的意識を持たず
世の中を見ているだけというのは、
情報を全て遮断していると言っても過言ではない、、

それを知ってどう行動するか

知った上でどう行動するのか、
そこからが一番大切なこと。

世の中には多様性に富んでいて
興味を持ち出したらきりがないわけです。

だから、脳は情報を勝手に削ぎ落としているので、
今度は自ら取りに行かなければいけないのです。

常に、情報を求め、行動
していかなければならないんです。

あの人いつも面白いよねー!

というのは面白いものを
常に考え、求めているからこそ
気付きや発見があるのかも知れないですね。

認知し選択出来るか

認知した上で、
どうあなたが選択することが出来るのか?

つまり、新たに知った上で
どう行動するかということ。

行動が伴わなければ
知る意味もないし、知っただけでは
すぐに忘れてしまいます。

人間はそのように作られているから、、、

ちょっと考えてみてください。


ある金曜日の居酒屋の席で
あなたが友達と話しています。
ふとしたキッカケから、あなたが
「何か新しい事を体験したいね!」

そこで、友達と色々話して
「非日常」というワードの元
バンジージャンプやスカイダイビング
クライミングやボルタリング
など、アウトドア中心の案がたくさん出てきました。

でも、どれも体験したことがないことだし
どれをやるにも勇気が出ない、、、
一応スカイダイビングを”いつか”やる事だけは決まり

いつやるのかは
決まらずそのままに、、、


ただ、新しいことをやりたい!
だけではダメで、新しく認知したものを
実際にやってみる勇気というのも非常に大切な事なんですね。

そのため選択の勇気と
実行の覚悟が必要なんです。

まとめ

色々と書きましたが、
まず今回言いたかったのは

  • 目的を持って世界に関わる
  • どんなに小さな気付きを発信する

という事ですね!

ぜひ試してくださいね!

それでは、

本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

↓↓こちらもどうぞよろしくお願い致します。↓↓

【公式LINE@】

  • 無料相談30分(先行限定特典)
  • 集客で気をつけるべき3つのルール

を無料プレゼント中です!

  • お前は誰だと気になってる人
  • これから独立を考えている人
  • 情報発信の軸が決まってない人

は必ず無料相談を受けた方がいいです。(確信)

普通に話してもらえれば、
僕も全然緊張しないので
みなさんの登録お待ちしております!